Top page出版物の案内

楠神社御遷座百五十年祭記念出版
枝吉神陽先生遺稿

幕末維新の佐賀人を生んだ思想の骨格はここにあった!佐賀・幕末維新史研究の聖典 枝吉神陽先生遺稿

龍造寺八幡宮 楠神社編

 幾多の佐賀の偉人を育てた枝吉神陽が遺した詩文集を初公刊。佐賀県立図書館に所蔵される写本「神陽先生遺稿」の全貌を翻刻と影印で紹介する。
 資料編として、遺稿から精選した16作について訓読を付し、実弟副島種臣や大隈重信らが語ったエピソード、早稲田大学教授・島善高と葉隠研究家・故栗原荒野の論考、年譜などを収録。幕末維新期に活躍した佐賀人の思想的・学問的支柱を形成した、枝吉神陽の人となりを知る上で最も基礎となる資料であり、佐賀の幕末維新史研究の聖典ともいうべき「神陽先生遺稿」のあまりにも遅すぎた出版である。

関連書籍

佐賀の幕末維新 八賢伝

おもな収録内容

神陽先生遺稿翻刻・影印
神陽先生遺稿訓読抄(16作)
論考:島 善高「幕末に甦る律令 枝吉神陽伝」
栗原荒野「枝吉神陽先生と葉隠」
神陽先生を語る(同時代人が語ったエピソード集)
楠神社・枝吉神陽関係年譜

この本の詳細

枝吉神陽先生遺稿表紙
楠神社御遷座百五十年祭記念出版
枝吉神陽先生遺稿

著者:龍造寺八幡宮 楠神社編
仕様:A5判・416ページ・上製本貼函入
定価:本体14,286円+税 送料460円
ISBN4-903157-01-6

>> この本を注文する